jibunga_naniwo_shitainoka_wakaranai

自分が何をしたいのかわからない。

何か特に困った問題があるわけではない。
これといった「症状」もない。
日常は「フツー」に流れていくし、
何か自分がやりたいと思うなら、
何をやるのも自由だと思うし、
今までも、好き勝手にやってきた。


なのに、堪らなく空しい。
こんな風に生きていることに、
何か意味があるのか、分からない。


何をやっても、その場しのぎ。
その場その場では、
結構一所懸命やっているけど、
その、「その場」と「その場」がバラバラ。


周囲からは、それなりに評価されたりするけど…。


場所によって、シチュエーションによって、
自分がまったく別の人間のように感じる。
外から見たら、それほどでもないのかも知れない。
でも、自分の感覚として、
なんかまとまっていない。


若いうちは、それでもまだ、そのうち、
いつか、何か起こるんじゃないかと思っていた。
マスコミに紹介されたことにいろいろ手を出したり、
自分で出来ることはできるだけ試してみた。
それはそれで面白かったけど…。


でも、いつまで経っても何も起こらない感じがある。
空しい感じがなくならない。
死ぬまでこのままなのかも知れない。


こんな漠然とした「悩み」
誰にも相談のしようもない。
だけど、自分の内側では、
本当に苦しい。


自分が何がしたいのか、
何を感じているのか、
それが知りたい。


・・・・・・
おそらく、上に書いたように感じている人は、
日本中に沢山いるんじゃないでしょうか。
だけど、何か固い繭の中に閉じ込められているようで
自分ではどうすることも出来ないと思っている。


カウンセリングでは、
そんな「悩み」にお付き合いすることができます。
決して「すぐに解決できる」わけではありませんが、
もし、ご本人に、本当に
「時間をかけてでも、本当に何とかしたい」
と言う気持ちがあるなら、きっと役に立つ。


あなたの目の前には、
けっして平坦で楽な道ではないけれど、
険しいながらも歩き甲斐のある道が拓けてくるでしょう。
カウンセラーがあなたの旅にお供します。
歩くのは、自分自身です。


2012.3.26.